VOL.3 相模湾でシイラ爆釣! 2011/7.31〜8.1

今回も、サイバーエージェントの藤田晋さんと一緒に「アメーバ号」にて出船して来ました。
毎回、凄いメンバーと一緒なんですが、今回はいつも以上の豪華な方達でした!!


初日は、オフィスAKB48代表の芝さんを始め6名でのシイラ狙いに!

北風が強く、東京湾の波は1.5mと高めでした。ポイントととなる千葉県の白浜沖に向い、ジギング&キャスティングを開始。
ジギングではワラサを狙い、キャスティングでシイラを狙ったが・・・

結局この日はシイラのみの釣果だったが、トップウォーターで炸裂したので大興奮。
今回初めて同行された方達全員が、サイズの大小はあったものの無事にシイラをキャッチする事が出来た。
ランチに三浦半島の三ア港に立ち寄り、三ア名物マグロ丼を食べ帰港となった。



翌日は藤田さんと私以外のメンバーが入れ替わり、ヒロミさんNIGOさんが合流。
当日は風波ともに弱く、前日行けなかった相模湾のパヤオ(人工浮き漁礁)を目指し船を走らせた。
ポイントに到着早々、メーターオーバーのシイラが水面をジャンプしているの姿を確認!
シイラのヤル気がMAX状態(笑)3人が同時にルアーをキャストし、一投目から3人ともシイラの強烈なバイトがあった!!



今年はシイラの当たり年、とにかくデカイし数も出るのので半端じゃなく楽しめる。
初めてのポイントで、メーターオーバーのシイラを1人5〜8匹程釣り上げる事に成功。
もちろん釣り上げたシイラは、全てキャッチ&リリース。

相模湾には、パヤオが設置してあるので、船を走らせ点々とポイントを回って行ったが
どのポイントにもシイラの魚影が確認出来た。

昼過ぎ、平塚沖で鳥山が出ており急行して見ると、一面イワシを追うサバのナブラが出ていた。
これに大型の鰤やマグロが付いていないかと期待したが、結局サバのみが入れ食い状態のサバ祭りで終わってしまった。
帰り際に、朝一番でいい思いをしたパヤオに向かい、最後の最後まで良型のシイラを爆釣する事が出来た!





使用したタックル(メイン)
・ロッド/シマノ:ゲームタイプC74M
・リール/シマノ:SWステラ5000XG
・ライン/シマノ:パワープロデプスハンター2.25号
・リーダー/シマノ:アクアダインハイパワーリーダー20号
・フック/がまかつ:トレブルSP-H 各サイズ

使用したルアー

シマノ:ポッピングベイト125F/ヤマリア:ポップクイーン120

VOL.2 磯の弾丸ショアシイラ 2011/7.16〜7.17

千葉県在中の川上氏から連絡があり、伊豆の磯からシイラが釣れているとの情報だった。
行きませんかとの誘いに、もちろん即答でOK!よし伊豆に行こうと返事をした(笑)

磯からのシイラ狙いは実にしばらくぶりだったが、何処の磯でも簡単に釣れる訳ではないので、まずは情報収集から始まった。
ちなみに川上氏は、シイラを狙う事自体が初挑戦。
最近伊豆に行った知り合いから、ナイスな情報を教えてもらいその日の夜から西伊豆に向かった。



伊豆は高磯が多く、場所を知らないと危険なので前日入りし、明るいうちにポイントとなる磯の下見を念入りにしておいた。
まずは車を止めてから山の中を20分ほど歩き、それから磯に降りるのにクライミング並の傾斜がある崖を
登ったり降りたりと大変である。渡船で行けば港から10分程度で磯に上がれるが、生憎台風の余波ので渡船は全船中止!!
(渡船料金は4500円)仕方なく歩く事になったが、最近は朝マズメの内にしかヒットが無いとの事だったので
その時間帯に釣りをするのには前日から磯に入るしかなかった!

暗い時のクライミングは、余りにも危険があると判断したので、夕方、慌しく準備をして目的地の磯に向かった。
2タックル・水3リットル・食糧とお菓子・着替え・一眼レフカメラをバックに入れての山歩きは想像以上にきつかった。
磯の上は蚊も多く、虫除けスプレーや蚊取り線香は必需品。

磯の上は凸凹で、ライフジャケットを下に敷いて寝るとまぁまぁ寝やすくなるのでオススメ。
磯の上は、たまに飛んで来る巨大な虫やカサカサと歩き回っているフナムシはいるが
空を見上げれば満天の星空があり気持ちが穏やかになる。



私達の他にも、磯には餌釣りのおじさんが2人先行していた。
この餌釣りの方とも仲良くなり、しばらく釣り談義をした後に就寝。
気が付けば3時にセットした携帯アラームが鳴り響き、夜明け前の静けさの中タックルを
セッティングしポイントに散らばった。

4:15東の空が明るく白み始めたので、「ポッピングベイト125F」をキャスト。
ポコン!ポコン!とポッピングで水面に泡を出し誘いをかけると、静かな海面が急にドッパーンと炸裂!!



この後も話したいけど、続きは10月号SWマガジン(岳洋社)をご覧下さい。
帰りに沼津港の丸天に立ち寄り、マグロ三昧定食2100円を注文。



常に活気があり、ボリューム満点で17年間も通っているオススメのお店。
言うまでもないが、シイラ初体験の川上氏は、その強烈な引きと激しいジャンプで大興奮でした。



使用したタックル(メイン)
・ロッド/シマノ:コルトスナイパー906MH
・リール/シマノ:SWステラ5000xg
・ライン/シマノ:パワープロデプスハンター2.25号
・リーダー/シマノ:アクアダインハイパワーリーダー80ポンド
・フック/がまかつ:トレブルSP-H

使用したルアー

シマノ:オシアペンシル150F/シマノ:ポッピングベイト125F/ヤマリア:ポップクイーン120/
ima:ビックスティック170/カーペンター:BC-γ45-160


VOL1.ボストン・マグロ遠征 ケープコッド 2011/6.30〜2011/7.6


約一年前から予定していたアメリカ(ボストン遠征)、狙いはもちろんルアーによるキャスティングで100キロオーバーの黒マグロ!
毎年このシーズンに大型の黒マグロが、ルアーのキャスティングで上がっていると聞き
茂木さんのツアーに申し込みました。



参加人数は、私を含め全国各地からマグロを求めて集まった11名。
まずは、成田空港からエアーでジョンケネディー空港まで約12時間のフライト。
ここで現地のコーディネーターのサミと合流し、そこから車でボストンまでは7時間30分のロングドライブ。
この日からアメリカは、週末と独立記念日が重なりシルバーウィーク真っ只中でした!



モーテルに到着後、慌しくタックル準備を済ませて直ぐに港に移動。
丸々一日以上乗り物に揺られていたので、全員疲れ気味でしたが・・・チャーターボートは
トレーラーで牽引し釣り場となるポイント近くの港まで移動して降ろしますシステム。
ちなみに日本との時差は14時間、約半日ほどズレていたので時差ボケで眠いのなんの(笑)
マグロを狙うポイントまでは、40〜50分程で到着し狙う水深は60〜80m。



到着早々、マッコウ鯨の群れが私達を迎えてくれた。
マ ッコウ鯨が捕食しているのは、イカナゴ(15p程の細長い魚)で、これがまた何処にでも大量に!
例年だったらこの時期は、イカナゴから鯖やニシンにベイトが入れ代わり鯨やマグロが捕食している。
力関係から言って鯨の食べこぼしをマグロが食べるので、鯨の周りにルアーをキャストする
「鯨つきベイトパターン」が成立する。
そうなれば簡単に釣れる予定だったのだが、今年は水温が低く残念ながらこのパターンにならなかった。



それでも初日は、10分くらいマグロが水面まで顔を出しイカナゴを捕食していた。
別船ではマグロのダブルヒットが2隻もあったが、食いが浅く残念ながら全てフックアウト。
この時のヒットルアーは、カーペンター「BC-γ75-190」「ライブリーサーディーンLS50-160」マグロの捕食はとにかくスロー!
水面に追い上げたベイトをゆっくりもこっと水面下で食べている感じ。
その後も期待したが、結局マグロの姿を確認出来たのはそれが最初で最後であった。



せっかく遠路遥々アメリカまで来たのだから、地元ならではのターゲットを狙う事に!
ここで狙えるのは、ストライプドバス・ブルーフィッシュ。
どちらもルアーで狙えるが、ブルーフィッシュは歯が鋭くルアーがボロボロになるので地元では厄介扱いされていた。
でもトップに激しく飛び出して来るので、ゲーム性は高くファイトも楽しめた。
またストライプドバスの方は、地元でも人気のターゲットのためガイド船も多く海外から狙いに来るアングラーも多い。
どちらの魚を狙うのにもトップウォータールアーでOKなのだが、アピールの高い大型で激しくアクションするタイプの反応が良かった。



100〜200gのメタルジグでのジギングやジグヘッド+ワーム(40p程のピンテール)でも狙える。
スイッチが入ると、トップに食いつくまバンバン何回でも飛び出して来るので
見てても楽しめるしとにかく激しく水面に出て来るので気持ちがいい。

今回ヒットしたストライプドバスのサイズは7〜11キロ、大きなものだと30キロ以上になるそうです!
また私の釣種に、新たな魚種が2種も追加になりました。
せっかく海外に来たのだから、本命が駄目でもここでしか狙えない魚を釣り思いっきり楽しまないとね。

こうして、私達の7日間に渡る長くて短い海外遠征も終わり帰国となった。
帰りは、ボストン空港からロスト経由で14時間以上とロングフライト。
マグロ狙いは博打性が高く当たりハズレが多いのだが、これに懲りずにまた海外のマグロにもチャレンジしたいと思っています。



使用タックル(マグロ狙い)
・ロッド/シマノ:ゲームTypeC s83bg-m
・リール/シマノ:SWステラ18000HG(20000MAXスプール)
・ライン/シマノ:パワープロデプスハンター8号
・リーダー/ナイロン170ポンド

使用タックル(ストライプドバス狙い)
・ロッド/シマノ:オシアプラッガー83mh
・リール/シマノ:SWステラ10000xg(12000スプール)
・ライン/シマノ:パワープロデプスハンター5号
・リーダー/ナイロン130ポンド

使用ルアー
・ルアー/オシアペンシル185F/オシアペンシル190Fヒラマサ別注/BC-γ75-190/BC-γ60-180
・フック/がまかつトレブル16


 
 
トップページコンセプトギャラリー会社概要ショップコラムブログプライバシーポリシー通信販売法についてお問い合わせ